ダウンジャンバーの羽毛なぜ抜けるのか?

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
シミ抜き ダウンジャンバーの羽毛なぜ抜けるのか?
ホーム | ダウンジャンバーの羽毛なぜ抜けるのか?

ダウンジャケット
この時期になりますとよくお客様から質問を受けます。

「ダウンから羽毛が抜けてしまうのだけど…」

では羽毛が抜けてしまう理由と、その対処方法をお話しします。

羽毛がなぜ抜けるか? 羽毛がなぜ抜けるか?

これは経年劣化もあると思いますが、

製品そのものの影響が大きいです。

羽毛は針の穴ほどの小さな隙間でも通り抜けてしまいます。

その為縫い目や生地の隙間から吹き出してしまうのです。


シェルがウール素材 シェルがウール素材

羽毛は生地の中に直接詰められているわけではありません。

ダウンパックという密閉された袋に入れられ

その袋ごとナイロンやポリエステル素材のシェルの下に

詰められているのです。二重の対策です。

しかしシェルがウールになると生地の目が粗いため

羽毛が抜けやすくなるのは明白です。

デザイン性は優れているのですが….


フェザーが多い フェザーが多い

ダウン〇〇%、フェザー〇〇%と書かれた品質表示

詰め物の割合はどのようになっていますか?

フェザーの割合が多いと抜けやすくなります!

ダウンとは違いフェザーには軸というか芯があり

これがシェルを突き破ってしまうのです。

出来たら購入時に確認しておいた方が良いと思います。


対処方法 対処方法

羽毛の吹き出しは製品上の問題が大きいので

改善することは難しいのが現状です。


● 摩擦を軽減する

摩擦によって発生する静電気も羽毛の吹き出しに影響します。

インナーをウール素材などではなく、ツルツルとした

素材にすると摩擦が軽減されます。


● 引っ張らない

ダウン製品を着る以上、多少の吹き出しは起こります。

しかし、その後のケアーが大事です。

抜けかかっている羽毛を安易に引っ張ると、

その羽毛が次の羽毛を引っ張ってきてしまい

無限ループに陥ってしまうのです。

できれば裏側から摘んで中に戻しましょう。


● フェザーが多いのなら軸を折る

フェザーが多く含まれるダウンは固いフェザーの軸が

シェルを突き破ることがあります。

その場合は握って軸を折ることで吹き出しが

軽減されることがあります。

ただ中々の荒技なのでよく検討してから試して下さいね。


● メーカーに連絡する

明らかに異常な量の羽毛が抜ける場合には

製品上の問題があるかもしれません。

ちょっとおかしいな?って思ったら

メーカーに問い合わせてみましょう。

メーカーへの連絡先は品質表示に記載されています。


対処方法 岡田が思うこと

製品上の問題と購入価格は関係ない場合もあります。

高かったから羽毛は絶対に抜けないってことにはならないのです。

ダウンについて
ダウン製品はある程度羽毛が抜けるものとして

着用しなければなりません。

因みに常識の範囲以内で抜ける羽毛は

全体の量からすると微々たるもの。

保温性が低下するなど機能面での影響は少なくないと思われます。






 ダウン編



ダウンジャケットの洗濯について

ダウンジャケットのダメージ事例!

冬の季節にはかかせないダウンについて

ダウンジャンバーの羽毛なぜ抜けるのか?

ダウンコート プロが薦める ふわふわに仕上げるコツ

ダウンを来年も着るためのコツ

ホック



クリーニングホックのtopページへ戻る