冬の季節にはかかせないダウンについて

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
シミ抜き 冬の季節にはかかせないダウンについて
ホーム | 冬の季節にはかかせないダウンについて

cleaning hoc 何故かダウンコートを洗濯しない人が多い




特殊しみ抜きとは 日常で着用するものは自宅だ洗濯し、ワイシャツやスーツは

 クリーニング店に出すものの…意外にお手入れを気にしない

ダウンについて
 人が多いのがダウンコート。

 いろんな人に聞くと「クリーニング代も高いし」「1〜2回しか

 今シーズン着ていないから」とか…

 実はそれって間違ってますよ!

 皮脂汚れや雨によるシミ、食べこぼし汚れなどが付着したまま

 数ヶ月放置しますとそれらの汚れが定着して本来のふっくら感が

 損なわれダウンそのものの傷みの原因にもなります。


 Q ダウンコートのお洗濯,クリーニングの出し時のサインは?

 1. 衣替えで冬物を出す時

 2. 衣替えで冬物を仕舞う時

 3. 汚れた時

 4. ダウンコートの膨らみがなくなった時

   * ダウンを指で押して膨らみがもどらない時は注意です!!!


特殊しみ抜きとは クリーニングをすることて゛ふっくら感が50%増量します

 ダウンコートは着用や外気に触れることで汚れや汗、湿気によって

 中の羽がくっついて束になり、ふっくら感が損なわれます。

 ダウンは羽と羽の間に空気の層ができることで

 暖かい空気を含み保温性を保っています。

 つまり、ふっくら感の復活により保温効果も戻り快適に冬を

 過ごせるというわけです。


特殊しみ抜きとは ダウンコートを自宅で洗濯する方法とは?

 先ずは洗濯表示を確認しましょう。ダウン製品でも水洗い

 が大丈夫ものと、ドライクリーニングでなければダメなものがあります。

 水洗いや手洗いがOKなものは自宅で洗うことができます。

 洗濯機にかける場合にはダウンを圧縮しない、大きな洗濯ネット

 を購入しコース設定は手洗いモードなどのソフトに洗えるコース

 を選びましょう。

 脱水はかけ過ぎに注意して様子を見ながらかけていきます。

 手洗いの場合にはダウンコートを潰さなくても収まるような桶で

 丁寧に洗う必要があります。

 洗剤は中性洗剤、乾燥が非常に大事なダウン製品は天日干しや

 浴室乾燥ではなく乾燥機でしっかり乾燥させることを

 お薦めします。



ダウンのお洗濯の失敗事例 ダウンのお洗濯の失敗事例

 第一位  ペッチャンコになってしまった

      乾燥機があるお家でしたら良いのですが、自然乾燥だと

      ダウンがくっついたまま乾いてしまってふっくらしないので

      乾燥機を使用しふっくら感をだした方が良いと思う

 第二位  ダウンがかたよってしまった

      縫製がしっかりしていない品物もあるので注意が必要だと思う

 第三位  ニオイ

      しっかり乾燥していないのが原因

      羽毛は水分を吸いやすく、ダウン製品の中の羽は乾燥しにくい

      特徴があり、それがカビやニオイの原因となります。


クリーニング師 岡田の結論 クリーニング師 岡田の結論

ダウンについて
 ご自宅で洗うのは皆さんが思うより

 気をつかうし大変です。

 手間や時間、失敗のリスクを考えると

 クリーニング店に出した方が安全だと思う。




 ダウン編



ダウンジャケットの洗濯について

ダウンジャケットのダメージ事例!

ダウンジャンバーの羽毛なぜ抜けるのか?

ダウンコート プロが薦める ふわふわに仕上げるコツ

ダウンを来年も着るためのコツ

ホック



クリーニングホックのtopページへ戻る