ダウンを来年も着るためのコツ

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
シミ抜き ダウンを来年も着るためのコツ
ホーム | ダウンを来年も着るためのコツ

ダウンジャケット
お客様によく聞かれるのが

「ダウンはどれぐらいのタイミングで

 クリーニング出せばいいの?」と、

私はダウンのクリーニングは目的によって

タイミングがあるとお客様にはお話しします。



まず 1.保温性や着心地を保つためのクリーニング

ダウンの見た目は汚れていないように見えても、

実際は汗を吸って保温性が下がっているし、

フワフワ感が低下することも。

特に雨や雪で濡れてしまった後や湿度の高い日に来た後では

ダウンの保温性や着心地が変化する場合があります。

変化に気づいたらクリーニングしましょう。


2.表面の生地に付いた汚れやシミを落とすためのクリーニング

ダウンの表面の汚れが目立つようになったら、

出来ればその都度クリーニングしましょう。

◯ダウンを大切にするためのご自宅での

  ケア4つポイント

 1. 着たら必ず陰干しをする

  ダウンを着た後はすぐにクローゼットには仕舞わずに

  ハンガーにかけて陰干しをして下さい。そうすることで

  着用中に含んだ汗や湿気を乾燥させることができます。

 2. 連続して着ない

  お気に入りだからといって毎日連続して着用するのは

  ダウンの劣化を早めます。一度着用したら必ず陰干し

  で乾燥させて休ませてから着用しましょう。

  洋服にも休息は大切です。

 3. タンブラー乾燥機を使う

  陰干しして湿気を飛ばしたら、一番低い温度設定で

  約5分程度タンブラー乾燥機にかけてあげると良いです。

  叩かれることで中のダウンがほぐれるのでふわっとした

  着心地を保つことができます。私がお薦めしているのが

  テニスボールを1〜2個をネットに入れてダウンと一緒に

  乾燥機へ、ただちょっと音が気になるって場合はテニス

  ボールをタオルで包むと音が防げます。ダウンのボリューム

  が減ってきたかな?と思ったら試して下さいね。

4.付属のファーはブラッシング

  首元やフードの部分についているファーは、こまめに

  ブラッシングしてあげるようにしましょう。着続ける

  と首の形に毛の流れが癖がついてしまうことがあります。

  毛皮は紫外線などで緑色に変色する可能性もあるので

  日光や蛍光灯に必要以上に当て続けないこと大切です。



 ダウン編



ダウンジャケットの洗濯について

ダウンジャケットのダメージ事例!

冬の季節にはかかせないダウンについて

ダウンジャンバーの羽毛なぜ抜けるのか?

ダウンコート プロが薦める ふわふわに仕上げるコツ

ホック



クリーニングホックのtopページへ戻る