スーツをクリーニングする頻度と長持ちの秘訣

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
シミ抜き スーツをクリーニングする頻度と長持ちの秘訣
ホーム | スーツをクリーニングする頻度と長持ちの秘訣
スーツをクリーニングする頻度と長持ちの秘訣

よくお客様から「スーツをクリーニングに出す頻度って? 」と質問を受けます。

結論から言うと頻度は10回着用したら

1回はクリーニングに出した方が良いでしょう。

社会人なら3組はスーツを持っていて着回しするので、

1ヶ月に1度のペースでクリーニングには出してほしいですね。

勿論、汗を大量にかいたや雨に濡れた場合は直ぐに出すべきだと思います。

あっ誤解しないで下さいね、クリーニング店だからスーツを出す頻度を

増やしたいなんて、これっぽっちも思っていません。

大切なスーツを状態良く長く続けたい人の為の情報として書いています。

ネットの検索でも「スーツ クリーニング 頻度」はよく

検索されている様でビジネスマンや就活生、主婦の方が

気になるキーワードの様です。

スーツ上下のクリーニングの値段は大体1000円〜1500円ぐらいですから

毎月クリーニングに出すのと半年で出すのとでは出費がかなり違ってきます。

多くのサイトの見解としては

「スーツのクリーニングの頻度は半年に一回」の様です。

その理由としては クリーニングに出せば出すほど衣類が傷むので

クリーニング出すべきでない。霧吹きした後陰干しすれば

臭いとシワが取れるので臭いとシワが出来るごとに出す必要はない。

実はこのサイトが言っている事は間違ってはいません!

ただこの事と” クリーニングの頻度と長持ちの秘訣 “

ということには繋がらないと思います。

何故ならクリーニングに出してスーツが傷むより着用する

事によっての傷みの方がはるかに大きいと思います。

クリーニングの頻度よりスーツの着用方法や着用時間に依存します。

それと霧吹きをして大きいシワは取れるでしょうが、

水を含んだスーツって生地がプクプクとなり、だらしない状態になります。

特にゼニアやアルマーニなどのスーツになってくると

糸の番手が細いものが多くなってきます。

糸が細いという事はそれだけ水分を含む事によって変質し易いわけです。

はっきりと言ってこれを真に受けて霧吹きなんて事したら

みっともなくて着れたものではないと思います。

それと臭いですが軽減はされますがファブリーズなど臭いをごまかすもの

でなければ臭います。まぁ臭っている時点でかなり汚れが蓄積されていますね、

汚れたサインを無視して汚れたものを身に付けたなんて・・・

もしあなたがきちんとしたスーツを身だしなみとして着たいと思うなら

10回に1回はスーツのクリーニングをお勧めします。

もしクリーニングを出し続けてスーツが傷み始めたのであれば

それは残念ですがもう寿命です。

クリーニングに出したからではなく長く着用したからなのです。

我々はクリーニングのプロです!! お客様のスーツに触れた時に

その価値とメンテナンスの状態がはっきりと分かります。


 スーツ編



フォーマルのクリーニング

卒業・入学式で着用したフォーマルはクリーニングする?

スーツのお尻の所がテカテカしている!!

礼服をクリーニングする頻度と長持ちの秘訣

ホック



クリーニングホックのtopページへ戻る