[汗抜きクリーニング編]汗抜きクリーニングとは  クリーニングのお役立ち情報

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
汗抜きクリーニングとは
ホーム | ホックの特徴 | 衣類のお役立ち情報 | 汗抜きクリーニング編



最近では「ドライマークが洗える洗剤」も市販されていて

色々洗っているという主婦の方が多いと聞きます。

でも注意して下さいね!

「ドライマークが洗える洗剤で洗ったら洋服から色が出てしまった…..」

 というトラブルが増えているという

 のも事実です。洗う前には洗濯表示と素材を必ず

 チェックして下さいね!

 たまにシワシワに型崩れして無残な形になったスーツを

 お預かりします。「市販の洗剤で洗っちゃえ〜」ってな考えは

 やめて下さいね!

◎ 汗抜きクリーニング・Wクリーニング・ドライ&ウエット

  最近ではクリーニング店頭に汗抜きクリーニング

  Wクリーニングドライ&ウエットなど汗対策の

  クリーニング方法を掲げているお店多いですね

  という当店もそうですが

  でもクリーニング工程はお店によって様々です。


 1. ドライ溶剤の中に水溶性のソープを添加して行う方法

   ドライクリーニングの中に水汚れに効く洗剤を入れて

   洗います。この場合水は使用しません

 2. ウェットクリーニングをする方法

   水洗い出来ない洋服も水の中に浸し優しく洗います。

   汗の成分のほとんどは水分ですがアンモニア、塩分

   脂質などからなっています。

   水分が蒸発すると汗の成分が繊維に残り汗ジミに

   なってしまいます。


 では問題です どちらが汗汚れ落ちるでしょうか?

 答えは2番のウェットクリーニングを施した方法です。

 基本的にクリーニング店ではウール素材やスーツなど

 水洗いすると型崩れを起こす衣類はドライクリーニング

 を施されます。

 ドライクリーニングは油性の汚れには強いですが水溶性

 の汚れには弱い性質をもっています。なので徐々に蓄積された、

 汗汚れがスーツをゴワゴワになったり臭いや黄ばみの

 原因になります。

 また綿素材で考えてみるとドライクリーニングでは汗に

 対する洗浄率が悪く約70%も汗が残っているという事実

 もある程なのです。

 水溶性の汚れを落とすには水を使って洗う方法がベストなんです。

 ウエットクリーニングを施したスーツはさっぱりと仕上がって

 身軽になった感じがします。もちろん着心地も変わるので

 汗対策はバッチリです。

 それとクリーニング店で依頼される時は必ず工程方法を確認して下さいね。


【注意する点】

  海外製品や染色が弱い衣類,汗や水に濡れるだけで色が

  滲んできたりする衣類はウエットクリーニングが出来ない

  場合があります。詳しくホックにてお尋ね下さい。

ホック




クリーニングホックのtopページへ戻る