しみ抜き職人が教える、クリーニングのお役立ち情報

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
フォーマル ドライクリーニングと水洗いの違い
ホーム | ホックの特徴 | 衣類のお役立ち情報 | ドライクリーニングと水洗いの違い

cleaning hoc ドライクリーニングと水洗いの違い

水洗いとは水洗いとは



 水洗いとは読んで字の如しで、家庭での洗濯と同じように水で洗う洗濯方法です。
 横文字で言えば「ランドリー」といいます。コインランドリー、
 つまりコインを使って水洗いをする場所のことすね。
 最近同意語の言葉で「ウオッシャブル」という言葉をよく耳にしますが、
 これは「水洗いが出来る物」という意味で使われています。
 水洗いができると言うことは縫製がしっかりしている。
 あるいは染色がしっかりとできている。ということなので、
 ある意味高級品の代名詞として使われています。

ドライクリーニングとはドライクリーニングとは



 ドライクリーニングとは水洗いをすると縮んだり、型崩れしたり、
 色が落ちたりするような衣料を洗うために開発された洗濯方法です。
 簡単に言えば水の替わりに「油」で洗います。
 実際にはドライ溶剤と呼ばれる揮発性の特殊な専用液体で洗うのですが。

どちらがきれいになるでしょうどちらがきれいになるでしょう



 なんと言っても水洗いです。
 ドライクリーニングは油性の汚れは取る事ができますが、
 水性の汚れは水と油の関係で弾いてしまって取る事ができません。
 普通の汚れ(空気中のススや埃が付着したもの)であれは
 ドライでも落とすことが出来ますが、シミになったりした強い汚れは
 水洗いをしないときれいになりません。

 しかしドライクリーニングと言えば言葉の響きがいいので、
 つい高級なクリーニングと思っておられる方も多くいらっしゃいますが、
 しかし強い汚れを落とすには水洗いが一番と思って下さい。

 しかしいくらきれいになっても縮んだり色が落ちてしまっては困りますよね。
 でも最近では「ウエットクリーニング」と呼ばれる、
 今までは水洗いの出来なかった衣類も、
 洗えるようなクリーニング方法も開発されていますので、
 大切な衣類のクリーニングはやはり
 専門のクリーニング屋さんに水洗いをご相談されることをお奨めします。




クリーニングホックのtopページへ戻る