スーツの基礎知識 クリーニングのお役立ち情報

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
スーツの基礎知識
ホーム | ホックの特徴 | 衣類のお役立ち情報 | スーツの基礎知識

ワークライフバランス2 スーツの基礎知識



基礎知識

まだ暑い日が続いていますのでスーツを着る機会はまだ少ないと思います。

こんな時期なんでスーツの基本を今のうち知っておきましょうね!

日本のスーツの歴史では幕末の終わりから明治にかけて
着られる様になりました。当時は全て同一の布で仕立て
られたジャケット、ベスト、ズボンの3つのセットで
着用するのが一般的でした。

よくシングルとかダブルと言われるのは、前のボタンが
縦に一列だとシングル、二列だとダブルということで
シングルとダブルには格の違いはありません!

ではボタンの数に合うシーンを見て行きましょう。

 ボタン1つ
  1つの場合は格式の高いタキシードやモーニングコート
  など礼装で着用されます。

 ボタン2つ
  ボタン2つの場合は上のボタンだけをとめるそうです。

 ボタン3つ
  ボタン3つの場合は真ん中のボタンだけをとめるのが
  一般的だそうです! (これは 知りませんでした… )
  イタリア発祥といわれる「 段返り 」のスーツは一昔前
  に流行り、ビジネスの場で愛用者が多かったそうです。
  ボタンの数は3つですが第一ボタンを留めずに真ん中
  のボタンだけを留めるように仕立てられています。

 ボタン4つ
  ファッションを楽しむスーツでどちらかというと
  ビジネス向きではないです!


 クリーニング師だからわかるスーツをクリーニングに依頼する時に
  注意するポイント!!


   1.スーツを上下別々で洗うと上下の色の変化が出る場合
    があるのでクリーニングは上下揃えて出す

   2.ポケットの中身を確認し装飾ボタンや付属品は外す
    ジャケットの内側のポケットに印鑑や朱肉が入って
    いることが結構あります

   3.汚れの有る無し、有る場合の汚れの原因などを把握
    しているようならお伝え頂けるとしみ抜きの除去率
    がかなり上がります

   4.ほつれなどが有る場合は受付スタッフにお伝え下さい

   5.クリーニングからスーツが返ってきたら、状態を確認
    包装のビニールを外して保管して下さい

ホック




クリーニングホックのtopページへ戻る