理想の洗濯part 1 クリーニングのお役立ち情報

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
フォーマル 理想の洗濯part 1
ホーム | ホックの特徴 | 衣類のお役立ち情報 | 洗剤をたくさん入れても綺麗にならない

ガス2 実は皆さん結構知らないです!もしかするとクリーニング屋さんも…



一般的な洗濯洗剤は界面活性剤(洗剤)に助剤・酵素・蛍光増白剤等が配合されています。

これらは界面活性剤に対して相乗効果をもたらし洗浄力をアップしています。

洗剤を沢山入れればもっと洗浄力がアップするのか… 答えはNOです!

むしろ逆効果で洗浄力をダウンさせます!

何故なら洗剤に配合されている、これらの界面活性剤・薬剤などが

配合のバランスを崩し互いに相殺現象を起こして効果が低下するからです。

例えば、界面活性剤の濃度は0.1%ぐらいが効果を発揮するのですが

界面活性剤の濃度が高いと酵素や酸素系の漂白剤の反応をスポイルして

うまく働きません。

ですから実際には、各メーカーとも0.03%程度に為るように設定してあります。

これにより界面活性剤と各薬剤の濃度のバランスがとれて

高い洗浄力を発揮するのです!つまり洗剤を沢山入れても綺麗にならないのです。

そればかりか洗剤の入れすぎは排水の際に水質汚染をもたらします。

洗剤をたくさん入れても綺麗にならない
洗剤の投入量排水必ず守りましょうね!

ホック




クリーニングホックのtopページへ戻る