スプレーで雨対策! はっ水加工の方法

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
シミ抜き スプレーで雨対策! はっ水加工の方法
ホーム | スプレーで雨対策! はっ水加工の方法
スプレーで雨対策! はっ水加工の方法

雨の日が続くとジメジメして不快指数が一気に上がりますよね?

そんな雨の日に是非やっておきたい「はっ水」の話をしたいと思います。

私は似合いませんが・・・

白いパンツや薄い色のパンツを穿く機会があると思います、

そんな日に限って雨が降り水溜りにジャポンって入ってしまったり、

車道からピッシャって泥水がはねてきたりと

何故だか真っ白いパンツはしみが付くことが多いでよね。

それと洗濯しても中々落ちなくてガッカリする事も。

そんなガッカリを無くすために私がお勧めするのが

「はっ水スプレー」です。

スキーウエアやコート、傘などに使用した事がある人も

いらっしゃるのではないでしょうか?

はっ水スプレーは繊維の一本一本をコーティングして

水分をはじきます。

傘やコートの防水の様に繊維の隙間まで埋めてしまわないので、

通気性を残しつつ水分をはじいてくれるので

今の季節にぴったりです。

はっ水スプレーの缶の裏面を見てみると

シリコン系とフッ素系ものがあります。

因みに洋服にはフッ素系のものがお勧めです。

シリコン系のものははっ水効果が高く通気性が低いので

テントや傘などにお勧めです。

では私がお勧めする使用方法ですが

必ず風通しの良い野外で使用して下さい。

それとマスクを着用して下さい。

吸い込んで肺に入ると酸素の取り込みが

妨げられ呼吸器系の障害を引き起こす事もありますので。

多くのスプレーがそうであるように火気厳禁です。

火の近くでの使用はやめましょう。

1

洗濯済みのよく乾いた綺麗な衣類に使用しましょう

2




一度テストで目立たない所に15cm以上離した位置からスプレーして
変色や色落ち白化などが無いことを確認して下さい。
異常がなければ15cm以上離した位置から
一ヶ所にかたまって付かないように手を動かしながらスプレーして下さい。

3

金具やボタンなどに付着したし場合は拭き取って下さい

4



スプレーして後、熱を加えるとはっ水の効果が増しますので
ドライヤーで熱風をあてると良いのですが、
繊維によって熱で伸びてしまう物もあるので注意が必要です。
因みに洗濯表示で高温アイロン使用OKな物は大丈夫です。



ホック



クリーニングホックのtopページへ戻る