しみ抜き職人が教える、クリーニングのお役立ち情報

クリーニング旭川シミ抜き 染み抜き しみ抜き
フォーマル 衣類のお役立ち情報…クリーニング店利用後に覚えておきたいポイント
ホーム | ホックの特徴 | 衣類のお役立ち情報 | クリーニング店利用後に覚えておきたいポイント

cleaning hoc クリーニング店利用後に覚えておきたいポイント

皆さんはクリーニング店に品物を預け、受取りを済ました後
まず何をしていますか?
もしかしたら、何もせずにクローゼットなどへ収納していませんか?
クリーニング利用後に必要なことをまとめて紹介します。

○ 鉄則!! 品物は早めに取りに行こう

 品物をクリーニングに出すということは、同時に大切な衣類が自分の手元から離れ、
 一旦他の人に預けるということになります。
 そこで一般的にクリーニング業者はお客様に受取日を指定し、期日までに
 クリーニング処理を施し品物を返却することで、サービスを完了します。
 ところが近頃、想定される下記の理由などにより、お客様が受取りに来られず、
 トラブルになるケースが多発しています。

   ・クリーニングに出したことを忘れてしまった
   ・預かり証を紛失してしまった
   ・忙しくて中々品物を受け取りに行くことができない
   ・自宅だと収納スペースが無いため、意図的にクリーニング店に
    品物を受取りに行かない

 クリーニング店によっては、【保管サービス】として、品物を預かってから
 次のシーズンが始まるまでの保管するサービスを行っているところもありますが
 【保管】をサービスとして明記していない限り、クリーニング店では滞納品のなり
 様々なトラブルの原因になり易くなります。
 トラブルを防ぐためにも、預かり証はしっかり保管し、出来るだけ受取日を
 きちんと守り、クリーニング店を利用することにしましょう。
 万が一受取りが遅くなりそうな場合などは、お店に電話等で伝えておきましょう。
 お店によっては品物を自宅まで届けてくれる場合もあります。

○ 持ち帰ったらビニール袋(ポリ包装)から品物を出す

 クリーニングを終えると一般的に品物に対して一時的な汚れ防止のカバーを目的として
 ビニール袋を被せたまま、お客様に品物を返却しています。
 また、このビニール袋は業界では【ポリ包装】と言われています。
 ところがこの【ポリ包装】は、お客様がお店から自宅まで持ち帰る際の
 汚れ防止を役割としており、一般的に保管や収納におけるカバーとしての役割はなく、
 その役割を誤解し、お客様がポリ包装から品物を出して状態をチェックし忘れることで、
 トラブルがこじれる事例が多数あります。
 そして、トラブルになる原因は大体次の3つのケースに分けられます。

  【事例1】 時間が経過してからによる異変の発見
    お店から持ち帰った後、ポリ包装から品物を出さずにそのままクローゼット
    などへ仕舞い、次のシーズンになってはじめて開封したところ、見覚えのない
    シミや穴、収縮などの異変が見つかった。
  【原因】
    長期間保管している間にカバーの内側にこもった空気中のガスや湿気などが
    影響し変色等が起きることがある。

  【事例2】 時間が経ってからによる他者の品物であることの“気づき”
    お店から持ち帰った後、ポリ包装から品物を出さずにそのままクローゼット
    などへ仕舞い、次のシーズンになって開封し、はじめて自分の品物でない
    ことに気づいた。
  【原因】
    スーツなどは他の商品と似ている品物である為、外観の一部では分から
    なかったが着用してみたら自分の品物ではなかった。しかし、
    受取りから時間が経過している為、探し出すことが困難になった。

  【事例3】 乾燥不十分による化学やけどの発生
    ポリ包装で密封された状態だった「合成皮革のパンツ、スラックス類」を
    着用したら、皮膚の表面が赤くなり“やけど”のようになってしまった。
  【原因】
    ドライクリーニングをした後の乾燥不十分によるもの!
    石油系溶剤が高濃度に残留した(しみ込んだままの)衣類に直接皮膚が
    長時間接触することで皮膚の炎症が起こることがある。

    スピードクリーニングによる短時間仕上げにより、乾燥に時間をかける
    ことが出来ず、乾燥不十分で返却されてしまうことによるもの。

  ★ スピードクリーニングの落とし穴!?
    クリーニング組合では「化学やけど」を起こさせない為【ドライチェッカー】と
    いわれる機械を用いて衣類に付着する溶剤の残留度を計測したうえでお客様に返却
    するように指導していますが、クリーニング店の中にはドライチェッカーを用いず
    乾燥に時間をかけずリスクがあることを知りながら返却する業者もいる為、定員に
    「ドライクリーニングの乾燥はどの程度時間をかけているのか?」
    「ドライチェッカーを使用しているのか?」など尋ねてみましょう。

  ★ まとめ
    クリーニングサービスに限らず、トラブルは時間が経過すると解決が困難に
    なっていくと言われます。クリーニングを利用した後には、下記のことを必ず
    行って下さい。

  ・品物は早めに取りに行く
  ・受け取り後は必ずポリ包装カバーから品物を出し、
   自分の品物か?」「どこか異変がないか?」を調べ、
   しばらく陰干しをしたうえでクローゼットなどへ仕舞う
  ・異変があればすぐにお店へ問い合わせる



クリーニングホックのtopページへ戻る